ハワイでレンタカーを借りる際の保険について

ハワイでレンタカーを借りる際には、万が一の事故に備えて保険に入る必要があります。

レンタカーを借りる際の保険は、レンタカーのレンタル料金に含まれる強制保険と、任意で追加加入できる任意保険の2つに大きく分かれます。

任意保険の中には、自車輌損害補償制度、搭乗者傷害保険、追加自動車損害賠償保険の主に3つに分類されます。

それぞれの保険の内容については以下の通りとなります。

レンタカーの保険について

強制保険(レンタカーのレンタル料金に含まれる保険)

自動車損害賠償保険(PP)

日本でいう自賠責保険です。この保険は万が一事故が起こった場合に、被害者を救済することが目的の保険で、最低限の保障は本保険から受けることができます。

任意保険(任意で追加加入できる保険)

自車輌損害補償制度(LDW)

レンタカーが破損してしまった場合に、修理に必要な経費を免除する制度。天災等による損害は制度の対象外。レンタカーに鍵をかけたままでの車両盗難も制度の対象外。

搭乗者傷害保険(PAI)/所持品盗難保険(PEP)

契約者及び同乗者がレンタル期間中に、レンタカー使用中に際し発生した事故による傷害を一定限度まで補償する保険と、レンタカー利用中に車内の所持品が盗難・破損等による損害を一定限度額まで補償する保険です。ただし、現金やクレジットカードについては適用の対象外となっています。

追加自動車損害賠償保険(SLI)

強制保険(自動車損害賠償保険)の追加保険。対人・対物補償限度額が上乗せ可能な保険です。

上記以外にもレンタル会社によって異なる保険がある場合もあります。

また保険対象となった場合に受けられる保証額については、直接レンタル会社に確認が必要です。

必要だと感じる任意保険は、加入しておいた方が万が一の助けになります。

レンタカーを借りる際の保険の内容が確認できたら、おすすめのレンタカー会社を日本国内から事前に予約するのがおすすめです。ハワイ現地で当日予約すると、割高になったり、様々な特典が得られなくなる場合があります。

アクセス数が高い人気のレンタカー情報ランキング