ハワイでレンタカー赤信号でも右折ができる!?

ハワイはアメリカ。左ハンドルで、右側通行が基本ルールです。

初めてハワイで車をレンタルして運転する際には、左ハンドルで、右側通行だけでも違和感があると思いますが、更に違和感があるのが「赤信号でも右折ができる」という点です。

日本とは異なるハワイでの交通ルールについて、実体験もまじえてご紹介いたします。

ハワイでの交通ルール

慣れない地での運転は、いろいろと焦りや不安があるのは当然です。落ち着いて冷静に平常心を心がけるようにしましょう。

「カーナビ通りに進んでいたのに、あれっ?!道を間違えた!」なんて事は、初めての地での運転ではよくあることです。私も初めてのハワイでの運転では、沢山道を間違えました。

例えば日立の樹として有名なモアナルアガーデンパークの入口は、フリーウェイの途中にあるのでスピードを出していると入口を通り過ぎてしまいます(私の他にも行き過ぎてしまった方は何人かいるはずです…)。でも、制限速度を守って、冷静に運転していれば無事入口に到着できます。

道は全てつながっています。道を間違えたとしても必ず目的地に到着できます。交通ルールを守って安全運転を心がけましょう。

ハワイは左ハンドル、右側通行

日本とハワイの交通ルールで大きく違う点は以下の2点です。

  • レンタカーは左ハンドルです。
  • 道路は全て右側通行です。

レンタカーが左ハンドル時の注意点

車幅の広い車を運転した場合、車体の幅間隔が掴みにくいため、右側のミラーをぶつけたり縁石に乗り上げたりすることがあります。

右側通行時の注意点

狭い通りに入る右折や、ショッピングセンターから大通りに出る際の右折。ショッピングモール内の駐車場での走行時など、目の前に走行する車がいないと逆走しがちな場面です。右側通行に慣れないうちは、常に「右側通行」を意識する必要があります。

ハワイでは赤信号でも右折ができることが把握できたら、ハワイでの交通ルールや、ハワイでの交通違反時の罰金についても事前に把握しておきましょう。また、ハワイでレンタカーを借りる際の保険の内容も大切です。十分ハワイの交通事情について知識を深めたら、おすすめのハワイのレンタカー会社について確認して予約してみましょう。レンタカーの予約は、現地で行うよりも事前に日本国内で予約しておいた方が、割引やチャイルドシートが無料になるなど、様々な特典が得られる場合があります。

アクセス数が高い人気のレンタカー情報ランキング