無収入でもハワイラブカードを家族カードで手に入れる方法

家族そろってハワイ好き。家族そろって念願のハワイへ。子供たちの初めての海外旅行はハワイへ。などなど、ご家族そろってハワイ好きな方々へおすすめなのが、ハワイラブカードの家族カード(会員)です。なかには専業主婦で収入が無いんだけれど、ハワイラブカードを持ちたい!と思うかたもいらっしゃるかと思います。そんな時も家族会員になれば、無収入でもハワイラブカードを手に入れることができます

そもそもクレジットカードの家族会員って何?っと思う方もいらっしゃると思うので、家族会員とは何か?についてからご説明いたします。

ハワイラブカードの家族会員とは

ハワイラブカードの場合、ゴールドカードとなるため、カードを申し込みした契約者本人は安定した収入が必要となります。安定した収入がある本契約者がいるご家族は、専業主婦や学生など年収が無かったり、少なかったりした場合でもハワイラブカードを持てるという制度です。

家族会員になれる条件とは

ハワイラブカードを申し込んだ契約者本人(本会員)が、ハワイラブカードの審査を通過していることが条件となります。家族会員の対象は、本会員と生計が同一の配偶者、親、満18歳以上の子(高校生を除く)という条件になってきます。本会員の審査が通っていれば、本会員の家族は基本的に無審査で家族会員になれますが、申込み状況や、申込者の属性などによって、一部審査が必要となる場合があります。

家族会員の費用は?

ハワイラブカードの場合、申込みを行った初年度年会費は無料です。2年目以降年会費10,000円+税がかかってきます。家族会員がいる場合は、家族会員1人につき1,000円+税がかかってきます。

家族会員の会員規約について

家族会員の場合、ハワイラブカードを申し込むアプラスカード会員規約の中で、いくつか家族会員に関する条件が記載されています。アプラス会員規約の中で、特に家族会員に関連している箇所を抜粋して記載いたします。

第1条(会員および家族会員)
(1) 会員とは、本規約を承認のうえ、株式会社アプラス(以下「当社」といいます。)に入会申込みをされ、当社が入会を認めた本人会員および(2)の家族会員をいいます。
(2) 家族会員とは、本人会員がその家族のうち3名(ただし満18歳以上の同居・同姓の方)を限度として指定し、当社が認めた方をいい、本人会員と同一条件の下でカード(以下「家族カード」といいます。)利用ができるものとします。
(3) 本人会員は、家族会員に対し、本人会員に代わって家族カードを使用して、本規約に基づくクレジットカードの利用を行う一切の権限(以下「本代理権」といいます。)を授与するものとします。なお、本人会員は、家族会員に対する本代理権の授与について、撤回、取消または無効等の消滅事由がある場合は、第16条(3)所定の方法により家族会員によるクレジットカード利用の中止を申出るものとします。本人会員は、この申出以前に本代理権が消滅したことを、当社に対して主張することはできません。
(4) 本代理権の授与に基づき、家族会員の家族カードによるクレジットカード利用はすべて本人会員の代理人としての利用となり、当該家族カード利用に基づく一切の支払債務は本人会員に帰属し、家族会員はこれを負担しないものとします。また、本人会員は、自ら本規約を遵守するほか、善良なる管理者の注意をもって家族会員に対しても本規約を遵守させる義務を負うものとし、家族会員が本規約に違反した場合は、当社に対し、一切の責任を負うものとします。
(5) 次条以下において会員と称するときは、原則として本人会員と家族会員の両者を指すものとします。ただし、本人会員固有に適用されるものについては本人会員のみについて適用されるものとします。

第7条(カードの利用可能枠)
(1) 当社は、カードの利用可能枠を、家族会員の利用分を含んで審査のうえ決定し、定めるものとします。なお、本条に定める利用可能枠には、家族会員の利用分を含むものとします。

第16条(脱会ならびにカードの利用停止と返却)
(3) 家族会員は、本人会員が、当社所定の方法により家族会員による家族カードの利用の中止を申出た場合、その申出をもって当然に、家族会員の資格および本代理権を喪失します。

第32条(カードキャッシングの利用方法)
(5) 本人会員は、家族会員が自己のカードを使用してカードキャッシングを受けた場合は、第1条(3)(4)に基づき、本人会員の代理人として融資金を受領したものとし、本人会員が当社より融資を受けたものとして取扱われることを承諾します。

家族会員の会員規約のポイント

家族会員の規約で大まかに述べている内容をまとめると以下の内容となります。

  • 家族会員はハワイラブカードの申し込みを行った本人の家族である必要がある。
  • 家族会員は3人まで(満18歳以上の同居・同姓)。
  • 家族カードのクレジットカード利用は、全て本人会員の責任

ハワイラブカードを申し込む本会員が家族の責任を持つという点が大きなポイントとなりますが、他のクレジットカードの家族会員とほとんど同じ内容になっています。

特にご結婚されている専業主婦の方や、18歳以上の学生さんで「ハワイラブカードを持ちたい!」という場合は、お父さんにお願いしてハワイラブカードの家族会員に申し込むのがおすすめだと思います。

ハワイラブカードは、インターネット上から簡単に申込みができますが、家族会員を申し込む場合でも、画面上の登録は、本契約者本人が行う必要がありますのでご注意ください。また、審査完了からカード発行まで一ヵ月ぐらいの期間はみておいた方がよいので、ハワイの旅行に備えて、早めにお申し込みするのがおすすめです。

ハワイで最も利用価値があるクレジットカードハワイラブカード(ゴールド)は、ハワイを365日愛する人のために誕生したハワイ専用のクレジットカードです。国内(84箇所)、ハワイ(38箇所)で利用できる特典プラス11種類の独自の特典がある他に、ハワイの140箇所もの店舗でJCBカードの特典も得られるハワイ旅行でもっとも利用価値があるおすすめのクレジットカードです。

ハワイラブカード(ゴールド)のお申込みはこちら

アクセス数が高い人気のクレジットカード情報ランキング