ハワイラブカードを脱会解約したらどうなる?

ハワイを旅行する人にもっとも優待特典に優れたハワイラブカード。初年度の年会費は無料ですが、2年目以降の年会費が一万円かかってくるのと、ハワイへ旅行しない限りあまり特典が得られないカードのため、途中で解約を行う人もいます。ハワイラブカードを途中解約した場合にどうなるか?についてまとめてみました。

ハワイラブカード解約時の支払済み年会費の扱いについて

2年目以降にかかる本人年会費の1万円(税別)と、家族会員の年会費千円(税別)については、ハワイラブカードを途中解約したとしても脱会理由がどんな事であったとしても戻ってはきません

優待特典の取扱いについて

ハワイラブカードは、ハワイと国内で様々なJCBの優待特典を受けることができますが、脱会後については優待特典を利用する権利を失うことになります。

解約の手続きについて

ハワイラブカードを解約する場合は、株式会社アプラスに解約手続きの届け出をすると共に、同時にカードを返却しなくてはなりません

解約時の未払い債務の扱いについて

ハワイラブカードを解約する際に、カード利用の支払金など未払いの債務があった場合は、完済しない限りカードの解約を行うことはできません

以上がハワイラブカード解約時の取り決めになります。

ハワイに限らず必要な時にクレジットカードの利用を行いたい方は、年会費が無料で、審査の通過も簡単な楽天カードを初めから申し込んでおいた方がおすすめかもしれません。